相続人がいない人の財産はどこへ?

2020-01-30

今回は、身寄りのないAさんの遺産にまつわる事例をお伝えします。

ある日、以前からお付き合いのある老人ホームの理事長さんから、相談があるとお声掛けいただきました。

早速、理事長さんから話をお聞きすると、最近お亡くなりになられた入居者Aさんの相続についてのご相談でした。

Aさんは、身寄りがなく、Aさんの全財産である預金の通帳(数百万円)を施設が預かっているとのことでした。

理事長さんのお悩みは、
 ・Aさんから預かっている預貯金の通帳をどうしたものか?
 ・Aさんには、本当にご家族が、特に相続人にあたるような方はいらっしゃらないのか?
ということでした。

当センターは、まず、戸籍から相続人を探すことを始めました。

結果、Aさんには、配偶者も子もなく、両親も兄弟も以前に他界されていました。よって、相続人に該当する方は、一人もいらっしゃいません。

相続人がいらっしゃらない相続では、特別縁故者(* 下記参照)が受け取る財産以外の全ては国に帰属されます。

Aさんのケースでも、特別縁故者にあたる方はいらっしゃらなかったので、国に帰属するための手続をすることになりました。

これらの手続は家庭裁判所での手続となり、複雑で時間がかかります。

もし、Aさんが遺言を書かれていれば、お世話になった方やご友人に財産を渡したり、寄付をしたりできたと思います。

このようなケースでも遺言が大切な役割を果たすのだろうと実感した事例でした。

相続手続支援センター 事例研究会

*特別縁故者  
 故人に相続人がいない、遺言書が無いケースで、故人と特別な縁故を理由に遺産を分与さ
 れる者のこと。 
 特別縁故者に該当するかしないかは、家庭裁判所の審理による審判となります。

Copyright(c) 2012 souzoku-fukuyama All Rights Reserved.